« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月29日 (木)

真田の旅~真田氏館跡~

真田氏歴史博物館の見学を終えたら 徒歩で近くにある真田氏館跡に行く

地元では‘お屋敷’で通じるらしい

Img_2966

Img_2983

のどかだぁ~heart01

真田の里の土の色はこげ茶です

Img_2967

住居でも土塁があるよ(ワクワクheart02

Img_2979_2

雨が止んだので ナギちカッパなしにやっとなれた

あれがそうか??

Img_2981_2

Img_2975

Img_2969

徳川にお金を出させてしめしめと造った上田城に移り住むまで 平時はここに住居を構えていたらしい

Img_2976_3

この地から上田城に移るときに 昌幸パパが神社を建てたみたい(皇太神社)

あれが鳥居だ(中から見ているのでこんな)

Img_2978

ナギちが好みだろうnoteと山道風の道をあえて選んで戻った

そしたら世間の人々が下の普通の道を通って向かっているのが見えた

ここでもちょいと早めの行動になって空いてるうちにのんびりできてよかったよ

Img_2982_2

今回の旅は土塁ばっかり見たね(笑) ナギち楽しかったかえ?

Img_2986

その後は ふれあいさなだ館 に寄って帰路に着いた またまた雨が降ってきた

今回はずっと雨走行 特に行きはジャカジャカ降って煙っちゃってひどかった(笑)

計画段階ではぼんやり松代まで足を伸ばそうかとも考えていたが やっぱ1泊2日じゃ無理だわdash 沼田にも行ってみたいな

Cawcrdi8

ま、ここは外せないので寄った 今回は恵那中央店

2年前第2parkingはジャリだったが すっかりアスファルトがはられていた

儲かってまんなyen

ルルンnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真田の旅~真田氏歴史館~

2日目も雨rain 

途中真田氏本城の下を走るrvcar
ホォォォ~ここが! 晴れてたら真田の里を見渡せただろうに
今日も靄々サ(u_u。)

Img_2962_2

立派な門をくぐる

Img_2963

これが真田氏歴史館

開館時間15分後に到着したのに もう10人ほど人がいた
おそるべし!真田ブーム

Caqhoe51_3

ここも写真撮影NGなのでパンフレットのみで。。。

■中央右上:寺の鬼板(本物)木製の現代でいう鬼瓦 すごーーく大きくて真田の六連銭家紋入り

■その斜め下:真田町の住民寄贈の真田三代
古文書をスラスラスラーーと読めれば楽しいのに~と思うほどの古文であった

■中央鎧3体:その昔NHK真田太平記で実際に使われたもの

■その下の有難たそうな書面: 秀吉から真田へ ねぎらいの言葉と家康は稀代の大悪人だからこちらに味方せい!との手紙(複製)

■中央いちばん下:大阪冬の陣屏風(複製)
↑いゃぁ~実に細かく描かれていて ご丁寧に ここに誰それ、こっちは誰それの拡大図が手前にあるものだから どこどこ?と思わず探してしまってとっても疲れた(笑)

■その他:真田領のお寺に安堵を約束した書状とか 代替わりしてやっぱり安堵を約束した書状とか(笑)

昌幸パパより幸隆ジィジの方が字、キレイだった(笑)

■真田氏が土豪時代は周りにもいっぱい同じような勢力があった分布図:例えていうなら組長さんか部長さんくらい そこからのし上がり小県をまとめ大名になって大名のまま明治時代まで続いたのはすごいね~

■真田氏のゆかりの城や土地紹介のタッチパネル:よくまとまった画像と解説が流れる展示ですっかり行った気分(雨降りにはぴったり)

職員の方が気さくに解説してくれるのでいろいろ聞けてよかった

Img_2964

真田氏歴史館の同敷地にある真田庵

くるみのおはぎやすいとんなどが食べられる

さぁ、ナギちお待たせ~~happy01でお散歩にする 

ちょうど観光バスが乗りつけてきた 混みあう前に見学できてよかったよ

ルルンnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月28日 (水)

CARO FORESTA菅平カゾラーレに宿泊

17時ちょっと過ぎに到着 本日の宿泊施設
CARO FORESTA菅平カゾラーレ

上田城から26km地点

Img_2956

雨だし高原の真っ暗状態で迷子になったらヒサンだと早めに行動(だってカーナビで来られない場合は近くの○○ホテルを指定してくださいとかHPにあったし)

ナギ号のカーナビは幸いこの点に関してだけは優秀で助かった
最後の右折看板が小さく、しかも え?この道上がるの~?と見落としそうなところだったので真っ暗になる前に到着できて結果としてはよかった

Img_2960

部屋の入り口から見たところ

もはや荷物をほどいたあとなのでお見苦しい点多々ございます

Img_2958_2

ソファー部分 左手はバス・トイレ

Img_2959_2

ナギちは一通り部屋チェックをしたあと(ピ~ッタリついてくるんだよcatfaceワロタ)たくさん持参したドッグタオルの1枚を敷いて ここ起点ねhappy01と指定した場所に落ち着いた

ナ 『今日はおウチに帰れないんだ~downフゥゥ~heart03』しばらく落ちこんでいたようだが、

『ならばsign01周辺の安全を確認せねばsign03』と思い立ったらしく ドアの前に立ちジーーッeyeとアイコン振り返る

ハイハイ、わかりました~coldsweats01 探索しましょcoldsweats01 ま、これは想定内

またまたカッパ着用で建物周辺をチェックに行く(お願い:シッコとうんPちゃんとしろよ~)

探索中、雨足が激しくなってきた( ̄◆ ̄;)

シッコはワン・ツー・ワン・ツーで ナ 『うっとーしいなぁ~downdash』と困り顔でチーしたが うんPはまったくする気配がなかった_| ̄|○ ザンネン!

そんなことしてるうちにあっという間に 夕食の時間

Cavdkcv6

本日のメニュー

今宵のスープ 牛肉と野菜をじっくり煮込んだカゾラーレ名物ビーフシチュー(おかわり自由)

刺身 いかそうめん納豆添え

焼き物 サーモンハンバーグ

蒸し物 鱈塩麹蒸し

菅平朝採れレタスと豚ロースカマンベールチーズ鍋

香の物 自家製白菜漬け

水菓子 グレープフルーツ

口コミどおりよい味付けでおいしかったdelicious 特に鱈とシチューと白菜が気に入ったheart02

これで1泊2食付きお一人様1万円以下(平日)だから実にリーズナブルmoneybag

Cablpkpo_2

ナギちはわんこセット

別に頼まんでもよかったのだが売上も厳しいでしょうからと勧められるままに・・・coldsweats01

野菜を小さく刻んでくれたが それでも ナ 『(゚⊿゚)イラネ』 中央のお皿はメインなのに口すらつけなかった(やっぱりね~) ヤギミルクとクッキーとササミを一口二口のみ

こーなることは想定内であったが シェフはそれなりにショックshockだったみたい

シ 「柴ちゃんは難しいねーcoldsweats01

同日泊のミックスのコが 「あっ、あっちの残ってるnote」とチラチラチラチラchecklovely

ナギちもこーゆー可愛げがあるとよいのだが。。。

部屋に戻ってからやっぱ夕ごはんはいつものドライフードでしょ、と食べさせてみたがこれも(゚⊿゚)イラネ 

プライムケイズのドレミふぁソーセージチーズ味とササミ味、お魚と野菜のヤギミルクスティック、オリジントリートを食べた(さっきのわんこプレートと食材ほとんど被ってるじゃんナンデ?dash┐( ̄ヘ ̄)┌ モウ!)

その後ナギちはスースーsleepysleepy寝入った(この時間から眠られちゃうと起床が早くなるのでヤバイ)

21時ちょうどにムクッと σ)Д`*)起き上がり ドアの前に行き振り返りジーーッeyeジーーッeyeとひたすらアイコン これはうんPだな

またまたカッパを着せて外に出た 短時間でスカッと出して
ナ 『アリガトでつ~happy01』ニパッと笑いそそくさと部屋に戻った(このニパッとそそくさ加減がこんな目に遇っても許せちゃうポイントなのだ←親バカ炸裂bomb

春頃設楽原PAで買った真田丸ソーラバッテリーLEDライトが小さいのに実にいいシゴトをしてくれた( ̄▽ ̄)

やれやれ、これで安心 お互いによく眠れるね(笑)(過去には夜中の2時にうんPに出た旅もあったから今回は優秀だ)

その後ナギちは再び眠った ときどき起きてはお水を飲んだりしていたが指定位置に戻って眠った

Ca1txx3p

朝5時の光景 

ナ 『ここがオイラの定位置~~~』

(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ ナギち健気~~~happy02

おはよnote お腹すいたでしょ?(カロリーは十分だっただろうが)

持参したご飯と生たまごとササミとカラダよろこぶ発酵50種ブレンドで たまごかけごはんを作ってやった(作ってやったと恩着せるほどのものでもないが)

ナギち 起きぬけいちばん パクッdeliciousと食べた(爆)

日が昇ってからは またまたカッパを着て周辺をお散歩
周囲はレタス畑だ

それにしても今回の旅、ずーーっと雨降ってるね┐(´-`)┌

Ca2094t6

朝食

蕎麦のつけだれが この辺名物のくるみ味噌で割ったものとか
なかなかおいしかった

シ 「このへんはくるみの木が昔からいっぱいでくるみだらけ」

真田パパもくるみ手の中でコロコロコロコロやってたもんね 細かい演出だ~ね~

白菜の煮物とこんにゃくの煮物がおいしかった コーンも甘くて味が濃くておいしかった

Ca7m1dy2_2

さて、ナギちの朝食ですが・・・

立ちあがりもしなかった(爆)

申し訳ないので持参したタッパーに固形物だけ持ち帰った

Calvb6or

食堂からの風景

ドックランも完備

昔は犬旅っていったらドックランがあって~ あれもあってこれもあって~と非日常的世界を描いていたが・・・今となっちゃ ギリ入り早出発だから食べれて寝られりゃ十分だわに変わってる

あ、食事がおいしいこととお風呂が室内温泉付きであればベスト(笑)

ここはお風呂が時間予約制、じゃなきゃ室内ユニットバスなのでその点がイマイチだったけど、食事がおいしかったから機会があったらまた泊まってもいいな~

連泊する人には特にコスパがよくていいと思う

シェフ兼支配人の渡辺さん(通称ナベさん)「また来てくださいね~happy01」と言ってくれたが こんな(゚⊿゚)イラネ連発する犬、可愛げないと思うわ~(;´д`)

(爆smile)ルルンnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

真田ドラマ館とお城口観光案内所

parkingに戻り ナギちのカッパを脱がせてタオルで拭き拭き 窓4つバイザー部分まで下げ
では、行って来るでのcatface 外気温21℃だから急いで行ってくればrun大丈夫だろう

上田城の敷地内にある真田ドラマ館へ

JAF会員割引利用できますの幟eye ではhappy01noteと出してみたら入場料600円が480円になった

真田丸のオープニング曲がかかって盛り上がっている

雨のためかお城そのものより こっちに人が多かったね

Cab9ze17

撮影okスポットはここだけ(笑)

Ca0im9k3_3

パンフレット

ゴーグルつけて大阪城の秀吉謁見の間をぐるっと見回せる体験コーナーや(これHPにあるんだけどね PC画面よりはやっぱ臨場感がより高まるもんだ)

お城の瓦などは 発砲スチロールに塗料を塗ってこんなふうにできている、と まっさらから徐々に行程がわかるように並べられ しまいには断面を切ってほらねnote 状態の展示がおもしろかった

タイトル文字の土壁メイキング映像もよかった あの文字好きheart04

昌幸パパが握りつぶした くるみなど小さくてもプププとする展示物もあった(笑)

所要時間1時間とあったが そこまで長居はしなかった

Img_2941

お城の向かいに お城口観光案内とお土産屋

Ca6nzh0j

こ~ゆ~のが現地ならでは、ってカンジで好き~heart02

Ca23y83i_2

観光案内所で唯一撮影okの真田三代甲冑レプリカ

外に出ると おや?霧雨になってきた 

上田市立博物館も見たかったが もう入館制限時間になるので断念sign01なにより車内のナギちが心配だ

お待たせ~heart04と戻ったら やっぱりスースーsleepy寝てた

それでは、本日の宿泊宿へnote ルルンnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真田の旅~上田城址編~

涼しくなる頃だろうnoteと旅を計画memo・・・しかし当日はおもいっきり雨rainだった~coldsweats01dog

Ca2o22ec_2

上田城址 東虎口櫓門と北櫓(向かって右)と南櫓(左)前

雨でも予定に入れちゃってた同じようなシトたちで賑わっている

いつものごとく団体客に 「カッパ着せてもらって どこの高貴な犬なの~upsmileダハハ」 とか 「で~っかい柴ちゃんだねぇ~smile」←まだ正解だからいいサ 「あの・・何犬sign02」←ホラ、きた などなどかまわれ&からかわれ  ポフポフナギちの頭を触っていく 雨で手が濡れても別にいいらしい

Ca6ap540_2

入口右手にある巨石真田石と巨柴

もちろんププププ( ^ω^ )と周りはウケている

さて、門をくぐるべnote

Cajybsbn

眞田神社

1660年代後半松平家が建立 松平(しょうへい)神社→廃藩置県土地徴収→民間払い下げ
戦後有志の買い上げ→歴代当主(真田氏 仙石氏 松平氏)の合祀として上田神社と改称
しかし他にも同名神社があって紛らわしい→昭和38年眞田神社と再改称

神社まで元々の出資者は徳川かいhappy02スゴイ!

パンパンshineとお参りした

Catd5789

御朱印 限定バージョン

Caey25g2_2

城外や家臣の屋敷に通じていると伝説が残る真田井戸

Img_2886_2

現存する最古の建物 西櫓

仙石氏時代のものらしい(真田氏の次の当主)

Img_2890_3

六連銭兜のオブジェ前

Img_2897_3

北櫓内側から舐めるように本丸背部方面へ

Img_2905_2

先ほどの西櫓の横に出た

Img_2909_3

なかなかの高さの土塁を登る

ナギちは食べられそうな草を物色中search

よかった~台風でも散歩に出てる雨なんてヘッチャラ犬で
じゃなきゃヒサンshock

Img_2916_2

エイヤッsign01と土塁の上に出た 左の水場は内堀

関ヶ原合戦後に真田憎しbearingの徳川に徹底的に破却された上田城

しかしこの土塁や埋められてしまっていた掘を一部とはいえ のちの仙石氏が真田時代に戻している

この土塁heart04 結構な長さがあってよかった~heart04ルルンnoteとお散歩

雨も木々で遮られていいカンジshine

Img_2922

おぅsign01気づいたかナギちよheart01(まさかね) 

この端っこで風流収集japaneseteaに入るとは実にイケてるわんこだ(親バカ炸裂bomb

Img_2924_3

ここは土塁の隅入(すみおとし) いわゆる鬼門封じで角をわざと削って造っている

柴ししばしボーーッとTimeclock 

この雨の中ここまで来てホォ~~ォオconfidentとしてるのはごく限られた縄張り好きかブラタモリのみ(笑) 

Img_2939

この堀の高さも深さも見事

むこう側の松の木や駐車場がある辺りは当時は淵だった(別名尼ヶ淵城の由縁)

Ca6ke3co

二の丸橋の下も元は掘

現在は けやき並木散歩道となっていてこれから紅葉がいいらしい

Img_2952

4月1日から増設の北parkingに戻る 周りの風景を見やれば 超~~~モヤってた(大笑い)

このparkingは どんだけ遠いかと危惧していたがチョチョイのチョイnoteな距離で実によかった

ルルンnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »